事業者ローンは総量規制対象外

事業者ローンは総量規制対象外

事業者の総量規制

 

事業者ローンと総量規制に原因はあるのかということですが、
これは結末からいうと関係ありません。

 

特に総量規制とは、原則として個人での借入が、
給料の3分の1までに制限される結果、
ここで肝要となるのがこれは個人での借入ということだ。

 

 

中小企業などの事業者のところですと、個人での借入が給料の3分の1までだったとしても、
事業資金として組織で貸し付けるので、総量規制は徹頭徹尾気にする必要がありません。

 

では自分事業主要の場合はどうなのかというと、自分として追加で借りる場合はダメとなってしまうのですが、
事業資金として借入する場合は総量規制の対象外となります。

 

詰まり総量規制とは個人的にキャッシングやクレジットカードなど、
自分スペックでの無確約・無証拠のファイナンス賜物の
借入が3分の1以上のところにおいて適用するということになります。

 

事業者ローンでは原則として無確約・無証拠となっていますが、人様連帯証拠人間が不要なだけで
事業のリーダーパーソン本人の証拠はニーズとなっているところがほとんどで、
これが貸し出しの顔ぶれで「個人スペック証拠」や「組織スペック証拠」に当てはまるので、
事業資金として融資を受け取る場合は給料の3分の1以上の借金も可能なのです。

 

しかし総量規制の対象外だからといって、事業者ローンを利用する前に
個人的な借入が給料の3分の1までに達していると、融資を受けることができない場合や
融資を受けることができたとしても、融資枠が低くなってしまうケースもあります。

 

これはなぜかと言いますと、事業者ローンで融資を受け取るときの
基本的な検証で申請したリーダーパーソン本人の自分頼み報せを、信用調査機構を通じて
借金ときの調査するので、たとえ事務所の業績が良いと判断されても、
リーダーパーソン本人の頼みがない場合は融資が難しいと判断されてしまうからだ。

 

事業者ローン自体は総量規制の対象外になっていますが、
融資コンディションが酷くなったり融資が受けられないという状況に陥らないためにも、
個人的な借入は極力低く留めておくことが重要でしょう。

 

 

個人事業者が行なう借り入れ

事業者ローンのすすめ
単なる個人ではなく、自分事業者として借入れる場合は総量規制のレアケースとなります。

 

ただし、場合によって、下記のような記録や情報の提示が求められることがあります。

 

確定申告の控え
事業計画
収支計画
資金計画
事業の状況
収支の状況
資金繰りの状況

 

貯蓄用意金融機関からの融資を受け取るまでの「つなぎ資金」と繋がる借り入れも
総量規制には含まれません