金利という返済額の関係ってどうなのか?金利計算例つき

消費者金融や銀行系カードローンなど今では手軽にお金を借りれるようになりましたが、
借りたお金は返さなくてはいけません。

 

お金を借りるも月々の返済ばかりに負担にならないように計画的にお金を借りて返済するようにすることが大切です。

 

返済してもいっぺんに借りている人も少なからずいるはずですが、返済時にはどれだけ金利が掛かっているか気になったことはありませんか。

 

返済するも回数を数多くして月々の返済額の負担を減らす方法といった
すっと返済して終わらせてします方法がありますが、
その時のご自身の状況に使い分けてうまく使うことを心掛けるようにすることがかしこくお金を借りるということになります。

 

そこで例を上げて説明していきたいと思います。

 

例えば30万を借りたといったしましょう。

 

これを18%の金利で月々の返済額の関係についてみていくことにします。

 

1年で返済した場合には総額、\330,000として、12回払いになりますので、約\27,000が月々の支払いになります。
支払いの利息が約\30,000となります。

 

では3年で返済する場合の金利といった返済額の関係はどうなるかを見ていくって、支払い総額は¥390,000として、36回払いとなりますので、月々に返済額は\10,800となります。

 

まずは5年で返済する場合の金利って返済額の関係の金利と返済額を見ていくって、
支払い総額は\457,000として、50回払いとなりますので、月々の返済額は\7,618となります。

 

そして見てみるとしっかりわかると思いますが、金利という返済額の関係は支払い回数が多ければ
月々の返済額が速く済みますので、毎月の負担が短くはなります。

 

但し、総額の支払い額を見ると、1年で完済した時って5年で完済したときの差額はまことに\127,000となります。
金利分の支払いを少し少なくするならば、支払い回数を少なくするのがベストですが、支払いが困難な場合は、支払い回数をふやすのも良いでしょう。

 

これによってお金を借りる時は計画的に考えてお金を借りるようにしましょう。