在籍確認においての知識です

お金を借りる際には絶対必要な項目の中に在籍確認というものがあります。

 

大手銀行の場合の在籍確認については、銀行ですので、勤務先へ電話が掛かってきても銀行名を名乗られても
誰も不信に思われる方はいないかと思いますのでスムーズに在籍確認はできるでしょう。

 

しかし、消費者金融の場合に、そういった在籍確認の為に勤務先へ電話が掛かってきた場合を考えると、
お金を借りたいというけど会社の人間にバレるのは嫌だと思う方も多いはず。

 

ですが、再三考えてみて見て下さい。

 

在籍確認の電話でわざわざ消費者金融の○○ですが、○○さんは在籍しておりますか
という確認の電話を通してくると思いますか?

 

そうでなくても日本では引き続きお金を借りるのは銀行でないとダメなような風習が残っており、
近所の人の目や友人に見つかったら何を言われるかと思い嫌だと思っている人は僅かいます。

 

そういったことを考えれば会社に消費者金融の○○だという電話が掛かってくること自体が楽しいと思いますよね。
ですから、勤務先への電話については、会社名など名乗りませんし、もっぱら本当に申込みをした内容の場所で仕事をしているのかの確認をするだけの話だ。

 

消費者金融の方の電話は要するにその辺りことはプロですので、取り敢えず会社にバレることはありませんので安心して審査を受けることができます。

勤務先をうそをついているって、審査に通過することできませんので二度とうその記入をしないで申込みをするようにしましょう。

 

消費者金融に関わらず、銀行系のカードローンを申し込みの際にも同様の在籍確認の連絡はあります。
ですがその際には敢えて会社名をなのらずに本人の在籍確認の電話があります。

 

会社の中で同僚や総務の人が電話とったとしても、内線で自分に回してくれたとしても、適当に電話を切ってもらうか、
自分がでて周囲の人にわからないように振舞えば大丈夫ですので安心してください。

 

お金を借りる為には避けては通れない審査ですから、在籍確認は本当に終わらせるようにしましょう。