総量規制対象外って街金はどう?

総量規制対象外って街金はどうなの?

 

初めに答えから言いますと!

 

カードローンは消費者金融の場合だと総量規制対象になります
つまりモビットやプロミスなど大手以外の街金や中小消費者金融でも
総量規制対象外にはなりません

 

総量規制対象外なのは銀行系カードローンだけなんです

総量規制対象外と街金

 

なので総量規制でお金が借りられないと悩んでいる方は
街金ではなく銀行系で探してみるといいでしょう

 

意外と知られていませんが、消費者金融と思われがちなレイクは
新生銀行レイクなので総量規制対象外になります

 

街金でも自社審査が可能であれば、総量規制対象外で審査出来るかもですが
実際は難しいでしょう

 

 

総量規制対象外どころか街金は危険がいっぱい

 

街金って総量規制対象外なの?
なんて考えるよりも街金で注意する必要があります

 

それは普通の街金であれば問題ありませんが
街金のフリをした【闇金業者】の可能性があるからです

 

闇金でお金を借りてしまったら10日で5割の利息(トゴ)など
大変な目に合いますので【絶対に借りないようにしましょう】

 

もしも現在、怪しい業者に借りてしまったら
闇金専門の弁護士に相談してみましょう!

 

無料で相談で出来ますので1度電話してみるといいですよ!

 

 

総量規制対象外と街金まとめ!

 

ここまで読んで頂きありがとうございます
最後に総量規制対象外と街金のまとめを掲載しておきますね

 

銀行カードローンは総量規制対象外です
街金は総量規制対象になります

 

総量規制の法律について

 

総量規制は貸金業法という法律に定められていて、
貸金業法が規制する業者について理解する必要があります

 

貸金業法が規制しているのは「貸金業者」のことで、
一般には消費者金融、信販会社、クレジットカード会社などが相当します

 

貸金業者による街金の場合も、総量規制のカードローンということですね

 

 

銀行は貸金業者ではありません

 

総量規制でポイントは、貸金業者に銀行が含まれていない点です

 

銀行は貸金業者ではなく、銀行法などを根拠に設立された業者で
貸金業法にある総量規制は関係ないという事です

 

よって銀行カードローンは、すべて総量規制対象外になります
街金でも貸金業者でなければ総量規制対象外ということになりますね