総量規制対象外のカードローンを本音で比較しました!

総量規制という言葉があります

 

これは過剰な融資とならないように、
その人の年収の3分の1を越える金額は融資をしてはいけないという規定です。
したがって、この3分の1を越えてしまうと融資ができなくなってしまいます。

総量規制対象外とは

 

ちなみに、この規定に当てはまらない場合を総量規制対象外と言います。

 

では、具体的にどういった会社のカードローンが
この総量規制対象外の対象となるのでしょうか?

 

総量規制は消費者金融に適用されるものであるため、銀行には適用されません。

 

つまり、銀行のカードローンでは総量規制対象外ということになります。
銀行系のカードローンというと、非常にいろいろな会社があると思います。

 

新生銀行レイク、セブン銀行、楽天銀行、みずほ銀行など挙げたらキリがないほど
銀行系のカードローンの会社はありますよね。

 

 

銀行系のカードローンはあくまでも総量規制対象外ですが、
審査がやや厳しくなることもあるため、ご利用の際はそこには注意してください。

 

当サイトでは、これから総量規制対象外の銀行系カードローンを利用したい方に
分かりやすく

【即日融資可能なのか?金利は?限度額は?】などを

総量規制対象外のカードローンを比較しましたので参考にして下さい

 

 

みずほ銀行カードローン

1番おすすめはみずほ銀行カードローンです

 

テレビCMでも見かける誰でも知っているメガバンクのみずほ銀行カードローンは
金利も低くて最短で即日審査も可能なのでおすすめです

 

大手銀行からの融資なので安心ですよね

 

また、みずほダイレクト(インターネットバンキング)を利用
もしくは通帳を用意出来るなら、利用限度額が200万円以下だと原則、書類提出が不要です

 

さらにWeb契約の「瞬フリ」を利用すればカードが届く前に指定口座へ振込してもらえるので
即日融資も可能と非常に便利でスピーディーですよ

 

みずほ銀行カードローンではエグゼクティブプランとコンフォートプランの2種類あり
自分では選ぶことは出来ませんが200万以上の借り入れの場合に金利が安い
エグゼクティブプランはとても魅力的なプランです

 

年利 限度額 無利息期間
エグゼクティブプラン

3.0%〜7.0%

 

コンフォートプラン
3.5%〜14.0%

1000万円 なし

 

公式サイトはこちら↓
http://mizuhobank.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンもグッド

 

3大メガバンクの一つである三井住友銀行のカードローンで
最短30分審査で、ローン契約機でカードを受取れば
「即日融資」も可能なおすすめのカードです

 

金利が低く、限度額も最高800万円!

 

融資を受けるなら大手銀行が安心ですよね

 

年利 限度額 無利息期間
4.0%〜14.5% 800万円 なし

 

公式サイトはこちら↓
http://smbc.co.jp/

 

 

 

 

 

千葉県へお住まいの方は

 

千葉県で総量規制外のカードローンは

 

千葉県へ住んでいるなら地元の銀行である
ちばぎんカードローンを利用しましょう

 

東京にも15支店ありますのでお近くにある方にもおすすめです

 

 

年利 限度額 その他
4,3%〜14,8% 500万円

 

公式サイトはこちら↓
http://chibabank.co.jp/

 

 

 

総量規制対象外の銀行系カードローン

総量規制対象外の銀行系カードローンは消費者金融よりも
一般的に審査が厳しいとされています。

銀行選びのイメージ画像

 

その分、金利も低いので返済も楽になるというメリットがあります

 

そして賃金業法で定められた消費者金融に適応される総量規制対が
銀行系カードローンでは総量規制対象外となり年収の三分の一以上の融資も可能になります

 

 

この総量規制対象外ローンですが、主婦やアルバイト、パート、派遣社員の方でも

 

安定収入があれば融資の対象となります

 

融資が受けられる銀行って

 

総量規制対象外で金利も低い銀行系からの融資は魅力的ですが
いったい、どんな銀行から借り入れをすることが出来るのでしょうか?

 

答えから言いますと

 

基本的にどの銀行からでもフリーローンは借りられます

 

もちろん審査もありますし、借り手側の信用情報もあるので

 

誰でも借りられるという意味ではありません

 

銀行選びは金利も大切

ただ銀行は総量規制対象外やフリーローンに限らず
貸し出しをすることで利益を出すビジネスなので融資はどの銀行や
信用金庫、信用組合でも行っているということです

 

こういった意味から融資が受けられる銀行はどこでもOKというわけです

 

しかし「どこでもいいよ」と言われるとかえって迷ってしまう事ってありますよね?

 

しかも「金利や審査のために必要な書類など」最初に知っておかないと
手間も倍かかってしまいます

 

そういった面倒ごとを減らすためにも当サイトを利用して頂ければ
総量規制対象外でWEBで申し込みが出来てしまう
便利な銀行系カードローンを選べます

 

これから総量規制対象外で借り入れをしたい方は、ぜひ参考にして下さい

 

 

 

総量規制対象外とは

総量規制対象外とはどういった意味なのでしょうか?
言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、
総量規制対象外の意味まで知らない方も多いと思いますので、解説していきます。

 

キャッシングを利用する際にも「総量規制対象外」という言葉が
重要な意味をもつ時もあるので、参考にしてください。

 

まず、総量規制対象外の意味を知るには、
総量規制対象について知っておく必要があります。

では、この総量規制とは何でしょうか?

 


これはお金を借りる際にかかる制約のことで、
借り入れする総額が個人の年収の3分の1以上を越えてはいけないというものです。

 

 

その人の収入と比較してあまりに多く借り入れを行ってしまうと、返済能力を越えた借り入れとなってしまうため、
こういった総量規制を設けて、健全な借り入れを促進させようといったものです。

 

 

これによって基本的に消費者金融からの借り入れは、
総額で年収の3分の1以下までしかできないようになりました。
ただし、これはすべてのケースに該当するという意味ではなく、対象外もあり、
個人向け貸し付けと呼ばれるものに対してかかる制約となります。

 

 

また、個人向け貸し付けの場合であっても、緊急の医療費は対象外ですし、個人事業主が仕事で必要になった分のお金を借りるような場合も
この総量規制の対象外となります。

 

 

ですから、仕事上でどうしても必要になったお金については対象外となり、ある程度自由に借りられるということです。

 

ここまで総量規制について書いてきました。
本題に戻ると、つまり総量規制対象外の意味とは
この規制(総量規制)がかからないこと、つまり対象外であることを意味しています。

 

総量規制対象外の借り入れといえば、銀行からの融資があげられます。
なぜ、銀行系カードローンで融資を受ける場合には、総量規制対象外に該当するかというと、
総量規制という規制自体が貸金業法という法律に沿って出来ているものだからです。

 

銀行系カードローンはあくまでも銀行法によってそのルールを定めているので、
総量規制の対象にならない、つまり総量規制対象外というわけです。

 

総量規制対象外の場合では、目的によっては多額のお金が必要となる場合でも
審査さえクリアすればその金額を借りることができるということです。
総量規制対象外 意味

総量規制対象外のカードローン

カードローンなどの借り入れをご利用になる場合には総量規制というものがあり、
これは自分の年収の1/3を越える金額を借りることはできないというものです。

 

したがって、年収の少ない人の場合はそれだけ借りられる金額も非常に少なくなってしまし
例えば、新しく事業を始めようと考えている人にとっては大きな障害になっていました。

 

しかし、銀行でのカードローンなどを中心に
最近では総量規制対象外の借り入れも可能となっています。

 

 

総量規制対象外のカードローンを利用すると、

 

年収の低い人でも借り入れの法的な限界がありませんから
例えば、先ほどのような新たに事業を始めようと思っている人でも、制約を受けるといったことがなくて
ある程度自分の希望の金額に合わせた借り入れを行っていくことが可能になります。

 

ですから、年収が低くて希望の金額をすべて借りることが厳しいという方は
総量規制対象外のカードローンでお金を借りていくと良いと思います。

銀行のカードローンの大きなメリット

銀行のカードローンには消費者金融の会社とは違った特徴を持っています。

 

まず言えることは総量規制対象外である銀行のカードローンでお金を借りると

 


消費者金融の場合と比べて金利が明らかに低いということです。

 

 

ですから、ある程度長い期間返済までかかったとしても、
それだけ余計に支払わないといけない部分というのは少なくなります。

 


そして、借り入れ限度額についても非常に大きいといったことも言えます。

 

 

総量規制対象外の銀行カードローンの中には最大で1000万円近くの限度額を設定しているところもあり
借り入れ限度額が少ない消費者金融でいくつもの会社からお金を借りていくよりも
1つの銀行のカードローンを利用してお金を借りた方がトータルで支払う金利もその分少なく

 

借り入れ限度額が大きいということは、利用者にとって相当程度のメリットをもたらしてくれるのです。

 

このように銀行のカードローンでは消費者金融では、まず考えられない大きな特徴がありますから
特におすすめということです。

 

 

 

銀行系カードローンで即日融資が可能なのは?

 

銀行系のカードローンイメージ
総量規制対象外である銀行系カードローンは金利も低くて
限度額も高額の場合が多いので人気ですが
急ぎでお金を借りたい方向けの即日融資は可能なのでしょうか?

 

もちろん銀行系と言っても金融機関ごとに条件は違うので
総量規制対象外でありながら即日融資にも対応している
銀行系カードローンをいくつか紹介しておきます

 

 

・三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイック

三菱東京UFJ銀行の口座も不要で自動契約機もあります
テレビ窓口を利用すれば土日祝日でも最短40分で融資が可能です

 

・三井住友銀行カードローン

三井住友銀行の口座は不要で自動契約機もあります
9時〜21時(土日祝日は9時〜17時)までにWEBで審査終了していれば
テレビ窓口の営業時間内でカード発行が可能です

 

・新生銀行カードローン レイク

口座は不要で自動契約機もあります
(1)WEB申込み後、平日14時までに審査が完了していれば即日融資が可能です
(2)平日14時以降、土日祝も21時までに自動契約機での利用なら即日融資です

 

以上が総量規制対象外の銀行系でも急ぎの融資に対応してくれる
カードについてでした

 

参考になれば幸いです

 

 

 

 

こんな記事も読まれています↓【最新の人気記事です】

 

レイクって総量規制対象外なの?
レイクって総量規制対象外です
↑画像をClick